Android アプリ 開発準備

最初に、アンドロイドアプリを作るために必要な開発環境を整えましょう。
アンドロイドアプリはJAVAで書かれているので、開発にはJAVAアプリケーションの開発環境が必要となってきます。 Google社の開発者情報によると、Eclipse(エクリプス)という開発環境にアンドロイド用のSDK(ソフトウェア開発キット)を入れることによるアンドロイドアプリの開発環境を構築することが推奨されています。

■ サポートOS
Windows XP (32-bit) または Vista (32- or 64-bit)
Mac OS X 10.4.8 or later (x86 only) 
Linux (tested on Linux Ubuntu Hardy Heron)

■ サポート開発環境
Eclipse IDE、 Eclipse 3.4 (Ganymede) または 3.5 (Galileo)、 Eclipse JDT plugin 、 JDK 5 or JDK 6

まず最初に、自分のPCのOS動作環境を確認してみましょう!



Android(アンドロイド)開発環境の構築手順
Android アプリの開発環境を整えるためには、以下のものをPCにインストールしましょう。案外簡単に開発環境が整いますよ(´∀`)

1. JDK(Java Development Kit)をインストールする
2. Android SDKをインストールする
3. Eclipseを導入する
4. EclipseにAndroid用のプラグイン(ADT)をインストール
5. EclipseにAVDを作成する


1. JDK のインストール
アンドロイドアプリは、JAVAで開発を行うためにJDKと呼ばれるJAVAの開発環境をインストールする必要があります。詳細

2. Eclipseを導入
Eclipse(エクリプス)は、Android アプリケーションの開発で推奨されている、高機能な統合開発環境ソフトウェアです。詳細

3. Android SDKをインストール
SDKは、アンドロイドアプリを開発するために必要なツールセット。アプリ開発、Androidのスクリーンショットなどが可能になります。詳細

4. EclipseにADTを追加
ADT(Android Development Tools)は、EclipseにAndroid アプリケーションの開発環境を追加するプラグイン(新しい機能を追加すること)です。詳細

5. EclipseにAVDを作成する
AVD(Android Virtual Device)は、アンドロイドアプリをパソコン上で擬似動作させるためのエミュレーター。詳細






ひとり言アドバイス

アプリ 開発環境 構築