「R.java」のソースコードについて

「gen フォルダ」のなかに、自動生成されるリソースファイル「R.java」があります。
このファイルは、隔離ソースのIDを管理するもので、各リソースを徐損すると自動的にID情報が分けられ、リソースファイルのRクラスで管理するものです。


「R.java」のソースコード
このファイルは、直接編集することはありませんが・・・
「R.java」のソースコードについて知っておきましょう。

Rjava ソースコード

これらのソースコードは、自動生成されるので深くは述べませんが、
「layout 」クラスは、res フォルダ配下のlayoutフォルダにあるmain.xmlのリソースIDを表し、 「string 」クラスには、「app_name」と「hello」というリソースIDがあることを表しています。

(= 0x7f 数字)があると思いますが・・・これらの値は、リソースを変更したときに自動的に変更されます!



▲ プログラミングTOPへ

ひとり言アドバイス

Android プロジェクト 構成